ヴォクシーグレードを比較しよう

ヴォクシーのグレード選びはかんたん

【ヴォクシーの値引き】について考えていますか?

 

ディーラーで交渉すればヴォクシーは値引きできますが、交渉スキルがないと5~8万円程度の値引きで終了してしまいます。

 

30万円以上の値引きを獲得するためには、きちんとヴォクシーの値引き術を知っておいたほうがいいです。

 

⇒ ヴォクシーの値引き情報

 


ヴォクシーのグレード選びが難しくてよくわからない・・・という人は多いかもしれません。

 

ヴォクシーはハイブリッドがいいの?それともガソリン?
グレードごとの装備がややこしくてわからない
一番安いヴォクシーのグレードってどうなの?

 

などなど…

 

 

その人その人ごとにヴォクシーのグレードについて疑問点があるはずです。

 

このサイトはヴォクシーのグレードを徹底比較して、どのグレードがおすすめなのかを徹底的に解説しますので、ぜひ一度ご覧になってください。

 

 

まず、ヴォクシーのグレード一覧を下記に掲載しましたので、ご覧ください。

 

グレード名 価格 燃費(JC08モード)
ハイブリッドX 2,996,509円 23.8km/リットル
ハイブリッドV 3,106,473円 23.8km/リットル
ハイブリッドZS 3,229,200円 23.8km/リットル
X"C Package" 2,284,691円 14.6km/リットル
X 2,480,073円 16.0km/リットル
V 2,725,527円 16.0km/リットル
ZS 2,739,273円 16.0km/リットル

「ハイブリッド」とついているのがヴォクシーのハイブリッドのグレードで、それ以外がガソリンエンジンとなります。ヴォクシーのハイブリッドグレードは車体価格がだいたい300万円以上になってくるので、予算を300万円以上用意するかどうかがパワーユニット選別のポイントとなります。

 

ヴォクシーのそれぞれのグレードの違いを解説


では、ヴォクシーの各種グレードで違ってくる部分を説明します。

 

燃費性能

ヴォクシーにはハイブリッド、ガソリンの2タイプからパワーユニットが選べます。最初に燃費性能を確認しておきましょう。

 

パワーユニット 燃費性能
ハイブリッド 23.8km/リットル
ガソリンエンジン 16.0km/リットル

ヴォクシーのハイブリッドは、ガソリンと比較して7.8km/リットルもの燃費性能差があります。

 

この数字がどんな意味を持つのかは、1km走行するのにかかる費用を計算するとわかります。

 

1km走行するのにかかる費用

ハイブリッド ガソリンエンジン
5.0円 7.5円

 

↑の表を見てわかる通り、ヴォクシーで1kmの走行につき2.5円のコスト差が生じます。この差は、例えば10万キロ走行したら25万円の差額となって出てくるということです。

 

ならヴォクシーのハイブリッドの方がお得なのでは?と思うかもしれませんが、実は話はそこまでシンプルではありません。実はヴォクシーのハイブリッドはガソリンエンジングレードに比べて約50万円ほど高いので、差額をペイするにはヴォクシーハイブリッドはガソリン車よりも20万キロ多く走らないといけないのです。

 

とはいえ、ヴォクシーのハイブリッドの方が中古車として売るときに価値が高いほか、エコカー減税もヴォクシーのハイブリッドの方が優遇されているので、現実的には差額はやや少なくて済みます。

 

全部をひっくるめて考慮すると、ヴォクシーで10万キロ走るかどうかがハイブリッドとガソリンのコスト差がなくなるラインでしょう。それ以上ヴォクシーで走る場合はハイブリッドのほうがオトク、それ以下ならガソリンエンジンの方がオトクということになります。

 

また、ヴォクシーのハイブリッドのメリットは燃費だけではありません。

 

モーターが付属している分、ガソリンエンジングレードよりややパワー感がある

ヴォクシーのハイブリッドは通常のエンジンにプラスしてモーターが付属しているので、シチュエーション次第ではその分のパワーが追加されます。なので、常にというわけではありませんが、ヴォクシーのガソリングレードに比べてパワーが増した感覚を得ることもあります。

 

燃費が良いので、その分給油回数が少なくて済む

 

ヴォクシーのタンクは55リットルとなるので、満タンの状態で走行できる距離は以下の通りです。

 

・ハイブリッド → 1309km
・ガソリンエンジン → 880km

 

実際は実燃費のからみもあるのでここまでの数値は出ませんが、ヴォクシーのハイブリッドで1000km程度、ヴォクシーのガソリンエンジンだと600km程度は走れるはずです。したがって、ハイブリッドなら東京→名古屋の往復は1回の給油で余裕で走ることができますが、ガソリンエンジンだと厳しいでしょう。

 

従って、ヴォクシーで長距離ドライブをする際、給油回数という観点で言えばハイブリッドのほうがストレスなく楽しむことができるということになります。

 

以上のことをふまえると、ヴォクシーのハイブリッドとガソリンがおすすめな人は以下のようになります。

 

ハイブリッドがおすすめな人 ガソリンがおすすめな人

・10万キロ以上ヴォクシーに乗る。
・燃料補給回数が少ない方がいい。
・多少でもパワーがあるほうがいい。

・2~3年で乗り換える。
・予算に限りがある。

 

装備の違い

 

次はヴォクシーのそれぞれのグレードの装備を比較していきます。

 

ハイブリッドの装備

 

ハイブリッドは装備の違いがわかりやすいので、まずはハイブリッドから見ていきましょう。

 

  パワースライドドア(※1) 快適温熱シート 特殊エアロ/内装(※2)
ハイブリッドX 助手席側 - -
ハイブリッドV 助手席側 -
ハイブリッドZS 助手席側

 

※1 メーカーオプション(59,400円)を付ければ、両側パワースライドドアにできる。
※2 特殊エアロとオレンジ内装。ZSグレードのみ対応。

 

上の図を見てわかるとおり、まず特殊エアロ/内装についてはヴォクシーのZSのみ対応となります。なので、この装備が欲しい場合はZSを選ぶしかありません。逆に言えば、ZSとその他のグレードに特殊エアロと内装以外の違いはほとんどありませんので、必要ないならZSは選択肢から外してOKです。

 

次はヴォクシーのXとVの違いですが、実はあまり大きな違いはありません。快適温熱シートが付いたり、エアコンがナノイーになったり、あとはハンドルが本革巻きになったりなどの違いしかないので、10万円の差額を受け入れられるかは人によるでしょう。快適温熱シートなどの装備が不要ならヴォクシーのハイブリッドXで問題ありません。事実、ハイブリッドで一番人気のグレードはハイブリッドXとなっています。

 

ガソリンエンジングレードの装備

 

ヴォクシーのガソリンエンジンは、ハイブリッドに比べて若干ややこしいです。まずは装備の違いをチェックしましょう。

 

  パワースライドドア アイドリングストップ 特殊エアロ/オレンジ内装
X"C Package" △(※1) × ×
X 助手席側(※2) ×
V 助手席側(※2) ×
ZS 助手席側(※2)

 

※1 メーカーオプション(81,000円)で助手席側のみ追加可能。
※2 メーカーオプション(59,400円)で両側に変更可能。

 

まず目を引くのがヴォクシーの最廉価グレードのX"C Package"の装備の弱さです。標準ではパワースライドドアがついていませんし、アイドリングストップがないので燃費性能は14.6km/リットルとなり他のガソリングレードに比べて燃費コストがかかります。一つ上のグレードに比べて車体価格は20万円安いですが、パワースライドドアの8万円と燃費コストの差を考慮すると差額は吹き飛ぶと考えていいでしょう。なので、最廉価グレードは全くおすすめできません。

 

次にZSですが、こちらはハイブリッドと同じく、ヴォクシーの特殊エアロとオレンジ内装が欲しい場合のみ検討すれば問題ありません。

 

あとはヴォクシーのXとVの差ですが、25万円もの差がどこにあるのが見えにくいので、差を一覧にしてみました。

 

  X V
クルーズコントロール ×
フロントフォグランプ ディーラーオプション
マルチインフォメーションディスプレイ モノクロ カラー
エアコン リヤクーラー ナノイー
スマートエントリー&プッシュスタート メーカーオプション(※2)
盗難防止システム メーカーオプション(※2)

※1
※2 46,440円で追加可能
※3 ※1を追加するとこちらも追加される

 

大きな違いと言えば、クルーズコントロールのある/なし、そしてインフォメーションディスプレイの色くらいで、後はメーカーオプションで対応可能な部分となります。従って、クルーズコントロールがどうしても欲しいならVを選ぶ必要がありますが、そうでないならXでも全く問題はないでしょう。予算と相談して決めればよいでしょう。

 

駆動方式と乗車人数はどうする?

ヴォクシーのグレード選びをするなら、駆動方式と乗車人数についても考えておいたほうがいいでしょう。

 

駆動方式についてですが、まずハイブリッドは2WDしか選べないので、ガソリン車を選択する場合に考えればOKです。

 

ヴォクシーで4WDを選択した場合のコスト増は約20万円となります。また、燃費も低下しますので、10万キロ走る場合は10万円ほどのコストアップとなります。したがって、トータルでだいたい25万円~30万円程度のコストアップとなると考えればよいでしょう。結構大きい負担増となるので、雪道が多いとか、アウトドアで悪路をひんぱんに走るなどの理由がない限りは2WDを選ぶのが無難です。

 

次にヴォクシーの乗車人数ですが、こちらもハイブリッドは7人乗り固定なので考慮する必要はありません。ガソリンエンジングレードの場合のみ、7人にするか8人のするか検討しましょう。

 

8人乗りのほうが7人乗りに比べて3万円安くなります。乗車人数が多いほうが安いのは不思議な印象がありますが、これは7人乗りの方がシートアレンジが多彩で、構造が複雑化するからです。しかも、7人乗りは2列目がセパレートになるので、もし多くの乗車人数が必要ないなら7人乗りを選んだ方が快適性は高いでしょう。差額も3万円なので許容範囲だと思います。

 

特別仕様車はどうする?

ヴォクシーには「ZS煌2」という特別仕様車があります。ZS煌はヴォクシー購入者の60%が選んでいる大人気グレードなので、ここで紹介します。

 

グレード名 価格
ZS煌2 2,800,440円~
ZS(ガソリン) 2,708,837円~
ハイブリッド ZS煌2 3,321,000円~
ハイブリッド ZS 3,229,200円~

 

標準グレードで一番似ているZSとの価格比較が↑ですが、ZS煌2は10万円程度高くなっています。なので、ZS煌の追加装備に10万円以上の価値があるかどうかがポイントになります。

 

ヴォクシーのパワースライドドアが両側になる

ここが一番大きなポイントですが、ZS煌はパワースライドドアが標準で「両側」になります。ZSは標準で「助手席側」、約5万円の追加負担で両側になるので、この時点でZS煌には5万円分の付加価値があることになります。あとは4万円分の付加価値があればよいわけです。

 

さまざまな加飾が追加される

ZS煌2には、以下の加飾が追加されます。

 

・マルチインフォメーションディスプレイフード[シルバー加飾]
・インサイドドアハンドル[フロント:メッキ]
・フロントグリルモール[高輝度シルバー]
・フロントグリル[メッキ+ブラックメタリック塗装]
・LEDヘッドランプ(オートレベリング[ロービーム]機能付)+LEDクリアランスランプ[メッキ]
・LEDフロントフォグランプ
・オート電動格納式リモコンドアミラー(サイドターンランプ+助手席側アスフェリカルミラー付)[メッキ]
・アウトサイドドアハンドル[メッキ]
・バックドアガーニッシュ[車名ロゴ:スモークメッキ]

 

つまり、ありとあらゆる箇所に加飾が追加され、プレミアム感が追加されるだけでなく、見る人が見れば「ZS煌2」ということがひと目でわかるようになっているのです。これらの豪華な加飾が4万円分の追加負担で入手できるのですから、6割の人がZS煌2を選ぶというのもうなずけます。

 

おすすめグレードはこれ!

まずヴォクシーのハイブリッドについては、ハイブリッドXを選んでおけば無難でしょう。装備面でもある程度は揃っていますし、ハイブリッドの中では最廉価なので予算も絞ることができます。また、予算に余裕があるなら、エアロが充実しているハイブリッドZS煌2を選ぶのがよいでしょう。

 

ヴォクシーのガソリンのベストグレードは、圧倒的にZS煌2となります。価格的にはガソリングレードでもっとも高額となりますが、はじめからパワースライドドアが両側に設定されていますし、特別感のある加飾やインテリアが装備されるので「満足感」が全く違います。

 

加飾などにこだわらないなら、Xグレードがバランスが取れていておすすめです。Vの追加装備と天秤にかけて、どちらがよいか検討して選択しましょう。最廉価グレードは装備が弱すぎるのでナシでしょう。

 

ヴォクシーを格安で購入するには?

 

ヴォクシーのグレード人気については理解したけど、どうすれば安く買えるの!?

 

こんな悩みを持っている人もいるでしょう。ここでは、ヴォクシーをできるだけ安く買うための情報を紹介します。

 

ヴォクシーのお得購入方法01

 

ヴォクシーに限らず、新車というのは営業マンと交渉することでディーラー値引きができます。

 

しかし、交渉テクニックを学ぶ必要があり、失敗すると5~10万円程度の値引きで済まされてしまうことが多いです。

 

ヴォクシーはトヨタの車なので、トヨタ同士の競合をさせることで値引きは拡大していきます。

 

ちゃんとした方法については↓のサイトで詳しく解説されているので、是非ご覧ください。

 

⇒ ヴォクシーの値引き情報

 

ヴォクシーのお得購入方法02

 

ヴォクシーの値引き交渉はなんだか難しそう…なんて場合は、新古車未使用車を狙うのもおすすめです。

 

「新古車って中古じゃないの?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

走行距離

 

未使用車は数キロ走行していることが多いですが、新車も完成テストで数キロは走行するので、車体の状態は変わりません。

 

メーカー保証

 

新車には3年間メーカー保証が付きます。新古車もそれは同じで、ディーラーに持ち込むことで3年間のメーカー保証を受けることができるのです。

 

そのため、未使用車と新車の間には大きな違いはほとんどないのです。

 

  ヴォクシーZS 煌 新車 ヴォクシーZS 煌 新古車
走行距離 2~3km 10km
装備

・両側電動スライドドア
・ETC
・フロアマット

・両側電動スライドドア
・ETC
・フロアマット

乗りだし価格(重量税・取得税込み) ¥3,054,295 ¥2,501,200

※差額は 約55万円

 

未使用車は定価よりも40~50万円ほど安い場合がほとんどなので、ディーラー値引きよりもはるかに安いです。交渉に自信がないようなら、未使用車をかんたんに安く買う、というのも手なのです。

特に、ZS煌2は車体価格も高めなので、できるだけ予算を押さえたいなら未使用車という選択肢を選ぶのがおすすめです。

 

また、ZS煌に関しては、煌2が出た影響で値崩れ状態となっており、最大で100万円近く安い価格で未使用車が買える状態となっています。ZS煌については在庫が無くなると終了してしまうので、今のうちに狙っておくとよいでしょう。

 

新古車を探す方法

新古車は中古車ショップで入手可能ですが、在庫がなかったり、あっても希望の車の色やメーカーオプションと違ったりしてなかなか見つかりません。なので、ネットで探すのがよいでしょう。

 

とはいえ、「カーセンサー」などの有名中古車検索サイトだと、多くの自動車が非公開となっています。原因はいろいろですが、理由の多くは「掲載するのにお金がかかるから」です。新古車は人気なので、別にネットに掲載しなくても売れていくし、非公開にしておこうとなるわけです。

 

そのため、ネット検索で新古車のヴォクシーを探すなら、「非公開」にも対応したサービスを利用するべきです。

 

 

未使用車を探す場合、「ズバット車販売」がとても便利です。非公開車両に対応しており、年間60万台もの在庫があるので、希望のヴォクシーもかんたんに見つかります。

 

 

 

↑は使用例ですが、備考欄に各種希望を書いておけば、希望するヴォクシーを教えてもらえます。

 

「ズバット車販売」の公式サイトはこちら
http://www.zba.jp/car-hanbai/

 

なかなか表に出てこない非公開車両も大量に用意されており、条件にあったヴォクシー未使用車が見つかりやすいです。

 

愛車の買取価格にも気を配ろう

 

ヴォクシー購入時についうっかり見落としがちなのが「愛車の売却」についてです。大半の人はディーラーにそのまま下取りに出していますが、その下取り額が買取相場よりもずっと安いことが多くあります。せっかく値引きや未使用車購入でコストカットしても、下取り額が安くては何の意味もありません。

 

そのため、ネットの一括査定を活用して、できるだけ高く愛車を売ることを考えてみましょう。一括査定であれば、オークションのような状態になるので、高額査定がとても出やすいです。

 

↓1番人気がある一括査定は「かんたん車査定ガイド」です。
http://a-satei.com/

 

1分くらいですぐに査定も完了します。

 

↓その場ですぐに買取相場がわかるのも魅力で、

 

 

査定を完了するとこのように愛車の買取相場も見ることができます。

 

下取りより数十万円高く売れることもザラにあるので、一回は査定をしておくことをおすすめします。

 
http://www.pmscrapbooking.com/http://www.getyourfreeproducts.com/http://www.easyresellerstore.com/http://www.awaji-giken.com/http://www.discoverpawleysisland.com/http://www.admolinense.com/http://www.infiniteplastic.com/